木花咲耶姫について
 

瓊々杵命の降臨

古事記によれば、天照大神は日本の国を治めさせるため、自分の子である天之忍穂命(あめのおしほみみのかみ)を高天原(たかまがはら。天照大神が支配する天上の国)から地上に降そうとするが、そのとき天之忍穂命に子が産まれたので、代わりに孫の瓊々杵命(ににぎのみこと)を三種の神器である八尺(やさか)の勾玉・鏡・草なぎの剣を持たせ降臨させることになった。天児屋命(あめのこやねのみこと)や手力男神(たぢからをのかみ)などの神々が瓊々杵命に付き従った。

瓊々杵命一行が天から降りようとしているとき、地に通じる要所で輝きを放つ神の姿があった。天鈿女神(あめのうずめのかみ)が近づいて「誰か」と問うと、国つ神(「天つ神」に対して天孫降臨以前から国土に土着していた神)の猿田彦神(さるだびこのかみ。後に天鈿女神と結婚)で、先導役として仕えたいという。一行はこれを認め、猿田彦神を先頭にして天空に幾重にもたなびく雲をかきわけ、天の浮橋から筑紫・日向の高千穂の霊峰に降り立った。

瓊々杵命との結婚

ある日、瓊々杵命は、海岸で美しい大山祇命(おおやまつみのみこと)の娘・木花咲耶姫(このはなさくやひめ。木花之佐久夜毘売命。別名神阿多都比売<かむあたつひめ>)に出会った。瓊々杵命はたちどころに咲耶姫に恋をして結婚を申し込んだが、一存では答えられないので父に話してくれるように頼んだ。そこで、さっそく大山祇命に求婚の意志を伝えると、大山祇命はたいそう喜び、盛りだくさんの引出物を添えて、咲耶姫と長女の石長姫(いわながひめ)をいっしょに嫁がせた。

瓊々杵命は石長姫を気に召さなかったため送り返したが、大山祇命は石長姫を嫁がせたことについて、瓊々杵命の命(いのち)が風雪に耐える岩のように安泰であることを願ってのことだったと言い、咲耶姫だけをとどめるなら木の花が咲きそろうほどの短い命となるだろうと残念がった。

無戸室での出産

木花咲耶姫は瓊々杵命と一夜寝床を共にして、夫婦の契りを結ぶところとなった。咲耶姫はめでたく身ごもったことを瓊々杵命に告げると、瓊々杵命は、たった一夜の契りで身ごもったことに不信をいだき、自分の子ではなく誰か国つ神の子ではないかと責めた。

これに対して、咲耶姫は、自分の身ごもった子が国つ神の子なら出産のときによくないことが起こり、もし、瓊々杵命の子なら無事に出産できるだろうと言い残し、隙間をすべて壁土で塞(ふさ)いだ無戸室に入り出産の準備をした。咲耶姫は産気づいたところで室に火を放ち、炎の中で無事に三柱を産み落とし貞操を証した。神々は生まれた順に、火照命(ほでりのみこと。海幸彦)、火闌降命(ほすせりのみこと)、彦火々出見命(ひこほほでみのみこと。火遠理命<ほおりのみこと>とも。山幸彦。初代天皇・神武天皇はその孫)と命名された。

元禄2年(1689年)3月29日(新暦5月18日)、「けむり」の歌枕として名高い大神神社(室の八島)を訪れた芭蕉は、神道を心得る曽良からその縁起を聞き、次のように「おくのほそ道」に記した。
室の八嶋に詣す。同行曽良が曰、「此神は木の花さくや姫の神と申て富士一躰也。無戸室に入て焼給ふちかひのみ中に、火々出見のみこと生れ給ひしより室の八嶋と申。又煙を読習し侍もこの謂也」。将、このしろといふ魚を禁ず。縁記の旨世に伝ふ事も侍し。 (おくのほそ道 「室の八島」の章段)

木花咲耶姫を祭る富士山本宮浅間大社

富士山そのものをご神体とした信仰にはじまる富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)は、全国で千以上に及ぶ浅間神社の総本社で、浅間大神と称される木花咲耶姫を祭神としている。

浅間大社の由緒によれば、第7代孝霊天皇のころ、富士山の噴火により人々が恐れて逃げ出したことから国が荒れ果て、後に、第11代垂仁天皇が木花咲耶姫を富士山の麓に祭って山霊を鎮めたのが起源といわれる。

現在の社殿は、慶長9年(1604年)に徳川家康によって造営されたもので、現在も本殿、拝殿、楼門が当時のまま残っている。境内には、富士山の湧き水からなる湧玉池(特別天然記念物)が配されている。

富士山本宮浅間大社のホームページ:http://www.fuji-honguu.or.jp

木花咲耶姫の銅像


木花咲耶姫の銅像(鹿児島県・金峰町)
 
薩摩半島中央部に位置する鹿児島県の金峰町に木花咲耶姫の銅像が建てられている。金峰町は、神代の時代にまつわる地名が残る「神話のふるさと」として知られ、南薩の霊峰・金峰山を主峰とする山々が南北に連なっている。
木花咲耶姫の銅像は、第5回「金峰山フェスタ」を記念して建てられたもので、平成10年10月24日に除幕式が行われた。像の高さは180cmで部分的に金箔がはられている。制作は日本芸術会員の中村晋也氏。
写真は、このはなさくやひめ銅像建立委員会発行「木花咲耶姫銅像」から引用。


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第17集 芭蕉と室の八島
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.