遊行柳について
遊行柳 漂泊の歌人として知られる西行の歌に、「道のべに清水流るゝ柳かげしばしとてこそ立ちどまりつれ」(新古今集、山家集)がある。

西行は、花、とりわけ桜を愛したことから、室町の初め、西行の庵にある老木の桜を題材に謡曲「西行桜」が世阿弥によって作られたが、室町後期になって、観世信光(1435〜1516)は、西行が那須・芦野で詠んだ上の歌の柳を主題にして、謡曲
「遊行柳」を創作した。

これにより芦野の柳は「遊行柳」として広く世に知られるところとなり、歌枕の地となった。謡曲「遊行柳」では、遊行上人(一遍上人)が奥州行脚の際に、老人の姿をした柳の精に出会って西行が詠んだ「朽木の柳」へ案内され、老人は、上人に念仏を授けられて成仏するが、夜になって再び現われ、上人に柳にまつわる故事をつらつら語り報謝の舞を見せて姿を消す、といった筋立てになっている。

芭蕉は、西行ゆかりの遊行柳に心を寄せ、元禄2年(1689年)4月19日(新暦6月6日)、殺生石を見物したあと遊行柳に立ち寄った。「おくのほそ道」には、あこがれの遊行柳の地に立った感慨が、芦野民部資俊の誘い話に続けて、「今日此柳のかげにこそ立より侍つれ」と記されている。

清水ながるゝの柳は蘆野の里にありて田の畔に残る。此所の郡守戸部某の此柳みせばやなど、折ゝにの給ひ聞え給ふを、いづくのほどにやと思ひしを、今日此柳のかげにこそ立より侍つれ。
田一枚植て立去る柳かな
(おくのほそ道)


遊行柳は、芦野支所から北へ300mほど行ったところの那須湯泉神社(上の宮)、参道脇にある。参道の左右に1本ずつ柳の木が植えてあるが、玉垣に囲まれた方が、長年にわたって植え継がれてきた「遊行柳」で、その傍らに芭蕉の「田一枚植て立去る柳かな」の句碑がある。句碑は寛政11年(1799年)4月に建てられたもので、碑面下部に「江戸 春蟻建立」とある。

その向い側に、西行の「道のべに清水流るゝ柳かげしばしとてこそ立ちどまりつれ」の歌碑と、昭和23年(1948年)に建立された蕪村の「柳散清水涸石処々(柳散り清水かれ石ところどころ)」の句碑が見られる。


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第19集 芭蕉と那須野が原
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.