松尾芭蕉の旅 おくのほそ道
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
_
おくのほそ道
序 文



 







月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。 月日というのは、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である。
舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。 船頭として船の上に生涯を浮かべ、馬子として馬の轡(くつわ)を引いて老いを迎える者は、毎日旅をして旅を住処(すみか)としているようなものである。
古人も多く旅に死せるあり。 古人の中には、旅の途中で命を無くした人が多くいる。
予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ わたしもいくつになったころからか、ちぎれ雲が風に身をまかせ漂っているのを見ると、漂泊の思いを止めることができず、海ぎわの地をさすらい、
去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、 去年の秋は、隅田川のほとりのあばら屋に帰ってクモの古巣を払い、しばらく落ち着いていたが、
やゝ年も暮、春立る霞の空に白川の関こえんと、 しだいに年も暮れて、春になり、霞がかる空をながめながら、ふと白河の関を越えてみようかなどと思うと、
そゞろ神の物につきて心をくるはせ道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず。 さっそく「そぞろ神」がのりうつって心を乱し、おまけに道祖神の手招きにあっては、取るものも手につかない有様である。
もゝ引の破をつゞり、笠の緒付かえて、三里に灸すゆるより、松島の月先心にかゝりて そうしたわけで、ももひきの破れをつくろい、笠の緒を付けかえ、三里のつぼに灸をすえて旅支度をはじめると、さっそくながら、松島の名月がまず気にかかって、
住る方は人に譲り、杉風が別墅に移るに 住まいの方は人に譲り、旅立つまで杉風の別宅に移ることにして、その折に、
_草の戸も住替る代ぞひなの家 人の世の移ろいにならい、草葺きのこの家も、新たな住人を迎えることになる。これまで縁のないことではあったが、節句の頃には、にぎやかに雛をかざる光景がこの家にも見られるのであろう。
面八句を庵の柱に懸置。 と発句を詠んで、面八句を庵の柱にかけておいた。
  
[ 出立前の動向 ]
「おくのほそ道」の旅を控えた元禄二年(1689)の二月末、友人や門人、近隣の人々の寄付金で築かれた第二次芭蕉庵[資料]を手放し、旅立ちまでの一ヶ月ほどを仙台堀のほとりにあった杉山杉風の別墅採荼庵で過ごした。

以下は、芭蕉の出立前の心境を綴る句文。本文中の発句と中七が異なる。


はるけき旅の空思ひやるにも、いさゝかも心にさはらんものむつかしければ、日比住ける庵を相知れる人に譲りて出でぬ。この人なむ、妻を具し、娘・孫など持てる人なりければ、
草の戸も住かはる世や雛の家
(「世中百韻」)

以下は、出立前の芭蕉の動向を伝える杉風の句文。

翁、陸奥の歌枕見んことを思ひ立侍りて、日頃住ける芭蕉庵を破り捨て、しばらく我荼庵(採荼庵)に移り侍る程、猶其筋餘寒ありて白川の便に告げこす人もありければ、多病心もとなしと弥生末つ方まで引とゞめて
花の影我草の戸や旅はじめ 杉風  (「杉風秘記」)
 
 
 


 


序文

[語 釈]

百代の過客
「百代(はくたい)」は、「何代にもわたる」意から、永遠。

「過客(かかく、かきゃく)」は、通り過ぎてゆく人、旅人。

李白の詩「春夜宴
桃李園序」(「古文真宝後集」)に「夫天地者万物之逆旅也、光陰者百代之過客也、而浮生若夢」の一節がある。春夜ニ桃李園ニ宴スルノ序。夫天地ハ万物ノ逆旅ナリ、光陰ハ百代ノ過客ナリ、而シテ浮世ハ夢ノゴトシ。
古人
芭蕉が敬慕し、旅先で客死した古の文人。西行、宗祇、李白、杜甫など。

平安末期〜鎌倉初期の歌僧西行は、建久元年(1190)に河内国(大阪府)の弘川寺にて。

室町末期の連歌師宗祇は、文亀二年(1502)に相模国(神奈川県)箱根湯本の旅宿にて。

中国唐代の李白は、宝応元年(762)に安徽省の当塗にて。

中国唐代の杜甫は、大暦五年(770)に洞庭湖の近く岳陽にて。
片雲の風にさそはれて
「片雲」は、一片の雲、ちぎれ雲。

「風にさそはれて」は、「(片雲が)風に(身をまかせ漂っている空の光景に)さそはれて」のように、「さそう」主体を直接「風」ととらないで解釈。
海浜にさすらへ
貞享四年(1687)十月に、深川の芭蕉庵を出立し、鳴海、豊橋、渥美半島、伊良湖崎、熱田神宮、伊賀上野(越年)、伊勢、吉野、高野山、和歌浦、奈良、大阪、須磨、明石を旅したことを指す(「笈の小文」の旅)。
去年の秋
芭蕉は「笈の小文」の旅の後、貞享五年(1688)八月に、仲秋の名月を見るため、蕉門越人(えつじん)とともに岐阜から信濃国の更科へ旅した(更科紀行)。「去年の秋」は、この旅がなされた年の秋季を指す。この年の九月三十日、「元禄」に改元。
やゝ年も暮
しだいに年も暮れて。「やや(稍)」は、漸く、次第に、の意。
白川の関
白河の関[
資料]。蝦夷南下の防御や通行人・交易物品の検問などを目的に、現在の福島県白河市大字旗宿に置かれた関で、古代の奥羽三関の一。他は、勿来関(菊田関)と念珠関。
そゞろ神の物につきて心をくるはせ
「そゞろ(漫ろ)神」は、人の心を誘惑する神。「物につきて」は、「そゞろ神」が自分に取り付いて(のりうつって)の意。「心をくるはせ」は、心を混乱させて。
道祖神
道の神、塞(さえ)の神。道路や通行する人を守る神。
松島の月先心にかゝりて
「松島」は、松島湾や塩釜湾を中心に、「八百八島」、実際には二百六十余りの島々が、奇景を織り成す一大観光の地。日本三景の一。古くは、僧宗久著「都のつと」(南北朝時代)や大淀三千風(
資料)編「松島眺望集」(天和二年)などにより広く知られた。

「心にか(懸)かる」は、「あることが意識から離れない、気に掛かる」の意。以下は、松島に心を馳せる芭蕉の真筆書簡からの抜粋。

拙者三月節句過早々、松島の朧月見にとおもひ立候。
(元禄二年二月十五日付の桐葉宛書簡)

彌生に至り、待侘候塩竈の桜、松島の朧月、あさかのぬまのかつみふくころより北の国にめぐり、秋の初、冬までにはみのおはりへ出候。
(元禄二年三月頃の猿雖宛書簡)

又々たびごこちそぞろになりて、松島一見のおもひやまず、此廿六日江上(こうしょう)を立ち出で候。
(元禄二年三月二十三日付の安川落梧宛書簡)。
住る方は人に譲り、杉風が別墅に移るに
芭蕉は、元禄二年(1689)の二月末、第二次芭蕉庵を手放し、旅立ちまでの一ヶ月ほどを仙台堀のほとりにあった杉山杉風
[資料]の別墅採荼庵で仮住まいをした。
面(おもて)八句
百韻(または五十韻)の初表の八句。表八句とも。

連句は、折った懐紙の表と裏に書き付け、百韻連句の場合は、懐紙四枚の内の第一紙を初折(しょおり)、第二紙・第三紙を二の折・三の折、第四紙を名残(の折)といい、初折の表(初表)に八句(これを面八句または表八句という)・裏に十四句、名残の表に十四句・裏に八句、第二紙・第三紙の表と裏にそれぞれ十四句を書く。五十韻の場合は、懐紙二枚を用い、初折の表にのみ八句(面八句、表八句)、他の表・裏に十四句ずつを書く。歌仙は、二枚の懐紙に、初折の表に六句・裏に十二句、名残の表に十二句・裏に六句を書く。

< TOP >



「おくのほそ道」のテキストについて


本テキストは、俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
および、FLASHムービー「 おくのほそ道を行く」の副読本
としてLAP Edc. SOFTが制作したものです。




掲載しているデータとリンクについて

テキストデータや画像データの無断使用・転載を固く禁止します。

  
リンクを張られる場合は、下記アドレスを対象としてください。
  
http://www.bashouan.com

 

  
俳聖 松尾芭蕉・生涯データベース
 
おくのほそ道
 
生涯データベース目次
 

 
おくのほそ道 総合データベース
 
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
 
総合目次
 


Copyright(C) 2004-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.

 Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ